Wordpressサイトをaaa.comからbbb.comのドメインに引っ越した時に起こった現象。

引っ越し作業自体はAll in One Migrationプラグインを使用し、エクスポート時の設定でaaa.comをbbb.comに変更する設定を追加。
インポートは正常完了し、新しいサイトbbb.comでのDB内にはaaa.comは残っていなかった。
 
なのに、サイトを表示すると一部のアイコンフォントが正常に表示されない。
Chromeの開発ツールを使ってエラーを見てみると、
Access to font at ‘aaa.com/../../../fontello.woff’ from origin ‘bbb.com’ has been blocked by CORS policy: …
というようなエラーメッセージが。
 
bbb.comからaaa.comのfontello.woffファイルへのアクセスがブロックされているというような内容のエラーだが、そもそも旧サイトのファイルを参照しに行ってほしくないし、DB内のドメインはbbb.comに書き換えられているはずなので、そもそも旧サイトを参照しに行くこと自体が謎。
ブラウザのキャッシュかと思ったが、Chromeのゲストウィンドウからアクセスしてもこの現象は変わらないし、DB内のドメインの書き換えが一部ちゃんと行われていなかったのかと思い、DB内を再検索するも見つからず…。
 
悶々とする中、Chromeではなく別のブラウザで表示されるか見てみようとEdgeで開いてみると…同じ現象。。でもEdgeの開発者ツールには別のエラーが出ていて、とあるcssファイルにエラーが発生していることが分かった。
 
そのcssファイルのエラー発生個所を見てみると、なんとaaa.comから始まるフォントファイルの参照urlがそこに…。
 
どうやら、使用していたテーマファイルに付属するプラグインで、カスタムフォントを設定することができ、旧サイトaaa.comでのWP管理画面からカスタムフォントを設定したときにcssファイルにドメイン入りのURLが直書きされたのではないかと思われる…。
 
WordPressサイトの引っ越しはAll in One Migrationプラグインを使ったり、あるいはDBとファイル類を手動で引っ越しさせたりと、もう何十回もやっているのだが、この現象が起きたのは初めてだった。今回のような現象が起きたら、DB内のドメイン文字列だけでなく、どこかのファイルに旧ドメインの文字列が残っていないかどうかもチェックするべし。ということを学んだ機会となった。

Write A Comment